とりあえず肉を食べたい

たまに舞台を観に行く人の壁打ち

きみはいい人、チャーリーブラウン

ご無沙汰しております。

前回の記事から随分と間が空いてしまいましたね。そろそろキンキーブーツ再演のお知らせが届いても良い頃だと思っています。

 

さて、2017年もあと1ヶ月ですね。

 

2017年に観た舞台の中で印象的だった舞台について振り返りたいとおもいます。

 

1本目は「君はいい人、チャーリーブラウン」です。(1本目と書きましたが、2本目について書くかは未定です)

チャーリーブラウン、そうあのチャーリーブラウンです。この作品の存在を知った際に一番最初によぎったのは「誰もが知っているピーナッツを日本人で???」という不安でした。まあ、実際に観たらそんな不安は杞憂でした。いまでは中川晃教さん以外の演じるスヌーピーなんて考えられないし、とにかくサリーとライナス。歌声のステキなルーシーとシュローダー!

完璧なキャストに加えて舞台セットや衣装がとにかく可愛い!曲も可愛い!可愛いづくしです。お話は「ピーナッツ」のコミックそのまま。ところどころでクスッと笑える上にちょっと哲学的な部分もあったりして文句無しに楽しかったです!

 

とにかく可愛くて素晴らしい作品。2017年で一番ヒーリング効果のある作品だったのではないでしょうか。あまりにもヒーリング効果があったので、私はチケットを買い足しました。

 

 

 

ここからは村井良大さんの演じるチャーリーブラウンがとにかく素晴らしいという話をさせてください。

 

 

素晴らしいポイント①【平凡な感じが素晴らしい】

チャーリーブラウンは平凡な子供という役所。故にチャーリーブラウン役はキャストの華が邪魔をしてはいけないんです。こんな書き方をすると、村井さんが華のない役者かのように思われてしまうかもしれませんが、違うんです。村井さんは華を出したり引っ込めたりできるんです……!というよりも役によってオーラの質を変えられるんです。ギラギラした雰囲気から上品な雰囲気まで…。とどのつまり……そう、演技がお上手なんです。本作では完全に華を引っ込めた平凡なオーラでした。主人公なのに平凡。個性の強い周りの登場人物を引き立たせてどっしりと受け止めてくれるような安心感。また、村井さんはダンスもお上手な方なのですが、本作ではチャーリーブラウンらしく他のメンバーとワンテンポ遅れて踊ったりするような場面もあります。マーベラス

 

素晴らしいポイント②【歌声が良い】

歌声がとにかくいいんです。村井さん、聴くたびに歌がお上手になっていらっしゃる。声質が少し高めで若干鼻にかかったような感じなのもまたチャーリーブラウンの子供っぽさにあっています。

 

素晴らしいポイント③【とにかく可愛い】

とにかく可愛いんです。

まず衣装。あの黄色いトップス、セーターなんです!ちょっとぶかっとしたサイズ感が子供っぽくて可愛い。次に髪型。金髪ふわふわパーマです。金髪ふわふわパーマです。金髪ふわふわパーマがこんなに可愛いだなんて。村井さんの金髪ふわふわパーマは無形文化財に登録されるべきです……!とにかく可愛いという概念を擬人化したかのような可愛いさでした。この可愛さは優勝です。

 

 

年明けにシアタークリエで行われるTENTHにて再びこの作品の世界観に会えることを楽しみにしています!

https://youtu.be/TTwH6yxGh08